• 2019年6月30日

2019年上半期のヘッジ戦略を振り返る

  ありだん 2019年も半分が過ぎたけど、全然儲かってないよ。   先日、恒例の週間振り返りの中で上半期のパフォーマンスを振り返りましたが、今回は今年取り組んでいるヘッジ戦略について振り返りたいと思います。 (吹き出し機能、一度は使ってみたかったのですが、トーテムポール怖い・・ […]

  • 2019年6月29日

今週の育毛投資振り返り(2019/6/24~6/28)

定例の週間振り返りです。 2019年も半分が終わり、株クラ界隈でも上期のパフォーマンスが続々と公開されていますが、皆さん凄いですね・・・ 私なんて足元にも及びません。残り半分の期間は少しでも満足のいく投資をしたいものです。 ポートフォリオの状況 ・投資成績 年初来:+5.5% 前週末比:+4.0% […]

  • 2019年6月21日
  • 2019年6月21日

今週の育毛投資振り返り(2019/6/17~6/21)

定例の週間振り返りです。 早いもので6月も後1週間で終わりですね。1年も半分が過ぎました。 半分も過ぎるのに、投資の方はいまだに年初来プラマイゼロ近辺をうろうろしており、昨年に引き続き今年も苦しい展開となっています。 減らさないようにしていたら増えていた を目指している育毛投資ですが、 減らさないよ […]

  • 2019年6月15日
  • 2019年6月15日

今週の育毛投資振り返り(2019/6/10~6/14)

定例の週間振り返りです。 先週まではかなり苦しい展開が続いていますが、今週はまあまあ良かったです。 久しぶりに2週間連続でプラスとなり、何とか年初来プラスになりました。 とは言え、ほんの少しのプラスなので、すぐマイナスになってもおかしくはありません。 プラスを確固たるものにするためにも、自分のルール […]

  • 2019年6月13日
  • 2019年6月13日

ビューティガレージ 2019年4月期 本決算

本日、監視銘柄であるビューティガレージの2019年4月期決算が発表されました。 今はノンホルダーですが、長いこと主力であったり、監視銘柄であったりと愛着のある銘柄なので、 分析記事を書いておきます。 2019年4月期については、従前より厳しい状況だというのはわかっておりましたが、予想どおり増収減益決 […]

  • 2019年6月8日

今週の育毛投資振り返り(2019/6/3~6/7)

定例の週間振り返りです。 地獄の5月が終わり、心機一転と思いきや、地獄の一日から6月はスタートしました。 私のPFは、6/3に▲3.1%とひどい成績でYLを更新。 絶望的な気分でスタートしましたが、その後は持ち直し、何とか年初来トントンくらいまできました。 前月までの反省を生かし、ポジションを取る時 […]

  • 2019年5月31日
  • 2019年6月8日

今週の育毛投資振り返り(2019/5/27~5/31)

定例の週間振り返りです。 5月も終わりましたので、1ヶ月の振り返りも兼ねています。 一言で言うと、地獄の一カ月。 正直振り返るのも嫌ですが、振り返って、反省して、次につなげる。 特別な才能がない私なので、そういう地道な作業は欠かさないようにしないといけません。 今月は何より、アル―ショックとカルタシ […]

  • 2019年5月24日
  • 2019年5月31日

今週の育毛投資振り返り(2019/5/20~5/24)

定例の週間振り返りです。 先週はアル―ショックをくらい、年初来がマイナスに突入した1週間でした。 今週はその反動もあってか、週前半は調子が良かったものの、後半で失速して、 年初来マイナスのままでした。 一方、相場は一部の新興株が良くあがっており、銘柄間の明暗がくっきり分かれる展開になっています。 こ […]

  • 2019年5月17日

今週の育毛投資振り返り(2019/5/13~5/17)

定例の週間振り返りです。先週はすっかり更新を忘れていました・・・忘れてしまったばちでも当たったのか、ひどい1週間でした。 相場全体の雰囲気もいまいち安定しないなか、保有銘柄が決算ウィークでした。 システム情報の好調な決算から始まり出だし好調、MCJも順調、アル―ショック、カルタの好決算ショート踏み上 […]

  • 2019年5月14日
  • 2019年5月14日

決算分析 アル― 2019年12月期 第1四半期決算

本日、保有銘柄であるアル―の第1四半期決算が発表されました。システム情報に並ぶ主力銘柄なうえに、保有してからは初の決算なので、かなりドキドキしながら決算を迎えました。 決算内容は増収減益決算です。PTSでは大きくマイナス評価を受けています。第1四半期を見ると赤字決算ですが、元々第2四半期偏重という特 […]