今月の育毛投資振り返り(2019年12月)

大納会まで後1日あるのですが、例年大納会の日は帰省やら何やらで忙しいので、中途半端ですが、12/27で2019年を締めたいと思います。
(どうせ大納会じゃないなら受け渡しベースで締めたら?という突っ込みはなし)

今年は結局かなりイージーな相場だったという評判ですが、私は後半の半年くらいは苦しみ続ける年でした。

長いこと年初来マイナスに沈み続け、何とかプラスに浮上してもすぐに反落してまたマイナスに突っ込む日々。

一番悪かったときは、11月上旬あたりにマイナス13%くらいまで沈んでいました。

12月は比較的安定していて、プラス圏で推移していたので落ち着いてくれました。
世の中のバブル雰囲気には乗れませんでしたが、少し自分の投資を思い出せた1ヶ月でしたので、来年に繋がるはずです。
というか、繋げられないとだめ。

12月の成績

前月末比:+2.7%
年初来:+4.0%

しょぼすぎますが、何とかプラス。きつかった2018年の+6.4%より、悪かったのがいかにもしょぼい。
しかし、昨年と今年の両方プラスだったのは良かったところ。

投資開始からは6年、ブログ開始してからは4年で、ブログ開始以降のプラスは継続できています。

現在のポートフォリオ

銘柄名 買単価 現在の価格 占率
システム情報 412 1,064 28.2%
ビープラッツ 2,231 2,163 17.2%
JMDC 3,909 4,640 12.3%
その他

30.8%

キャッシュ

11.4%

今年、苦しめ続けられたアル―を損切りしました。ムキになって保有し続けていましたが、冷静に見られていなかったので、
一旦損切りです。

本来はもっと早く損切りするべきでした。一旦損切りして冷静に監視を続けていないといけなかったのですが、判断が甘い。

中長期投資を心掛けていますが、含み損のまま保有し続けるのが中長期投資ではないですからね。要反省案件。

12月の感想

今年も何とか終わりましたね。

12月も相変わらず相場の雰囲気は良好で、ツイッターでは毎日のように爆益報告が躍っていました。
うらやましいなーと思いながらも、今のような値動きが激しい状況で、上手く乗る銘柄を変えていけるほど器用ではないので、
恩恵は受けられませんでしたが、それはそれでOKです。

四季報をじっくり読んで監視リストを作って、そのリストの銘柄を丁寧に調べてリストに強弱をつける。
後は毎日のチャートとにらめっこして、買うべき時に買って、売るべき時に売るだけ。

周りがウェイウェイしている銘柄には目もくれず、ひたすら自分が良いと思った銘柄を取引するだけの1ヶ月です。

冷静に考えると、2019年も途中まではこれができていたのですが、春あたりから早く利益を積み重ねたくなって、
こういう基本的なことができていませんでしたね~。

改めて自分と向き合った1ヶ月でしたので、後から見たときに重要な1ヶ月だと言えるように精進します。