今月の育毛投資振り返り(2019/10)

10月も終わりましたので、1ヶ月を振り返りましょうか・・・
10月に入ってからは定例で行っていた週間振り返りをしていないので、かなり久しぶりのブログ更新。

週間振り返りをしていなかったのは決してさぼっていたわけではなく、理由があって週間振り返りを辞めたからです。
(理由は後ほど・・・)

今月は数字の上では、もっときつい月はありますが、精神的にかなり厳しいものでした。
毎日のように少しずつお金が減っていく恐怖と戦っていました。

大学生のときに、朝起きてすぐ枕についた髪の毛を見て絶望していたあの日々を思い出します。

冗談はさておき、数字を振り返っておきます。

10月の成績

前月末比:▲5.9%
年初来:▲5.5%

年初来もだいぶ沈んできました。無事にYLです。

ただ、1ヶ月のマイナス額というよりもその動きがきつかった・・・

10月序盤はそこそこでしたが、途中で8日連続下落⇒2日上昇⇒5日連続下落・・・
と基本的に毎日お金が減る展開。

一気にドカンとくらうよりもこういうじわじわくる展開の方が心が折れそうになりますね。

10月の感想

とにかくきつい1ヶ月でしたが、今年は8月にもきつい1ヶ月があり、その時からずっと自分の投資行動について考えていました。

去年の10月の暴落のときに、メンタル崩壊して書いたポエム記事(下のやつ)を見返してみたり、今年の上手くいかなかったことを振り返ったり・・・
 

関連記事

ここのところ相場が非常に荒々しい展開になっており、私の資産も大きくダメージを受けています。 金額的なダメージもそうですが、精神的にもだいぶダメージを受けました・・・ 今年で投資5年目なのですが、今の状況は2016年のチャイナショック以来とい[…]

相場下落の対策のために、「こまめに利確をすること」「ロングショート戦略」の二つが今年テーマでした。

この二つのテーマと今年の成績を振り返ってみると、明らかにショートが足を引っ張っています。

そもそもショートはヘッジのために行っているので、ショートによって全体の成績が下がるのは許容できるのですが、
目指しているヘッジ機能を全く果たせていないケースが多々ありました。

これは、昨年末からショートを始めて半年ほど経った、4月・5月くらいからショートに慣れてきて、売買が雑になっていることが要因でした。

もともと、ショートをするタイミングをしっかり決めて売買しており、それを厳守していた3月まではヘッジ機能としても効果が出ていました。

気が緩んできて段々とルールを守らずに勘で取引をするようになってしまい、ただ単に損だけすることになりました。

また、ショートをし始めてから、短期的な損益も気にするようになってしまい、ブログでは毎週成績をのせ、ツイッターでは毎日の成績を載せるようになり、気にする必要がなかったはずの短期での成績をあげようと慣れない短期売買を繰り返してしまいました。

ということもあり、ブログの週間振り返りやツイッターでの毎日の騰落は停止、ショートも一旦やめています。
(ショートに関しては、最初につくった厳密ルールはまだ機能しているので、落ち着いたら始めると思います、)

かなりお金が減るまで気づかなかったのが痛かったですが、しっかり振り返って改善につなげられているのは良かったと思います。
今年は例年より丁寧に投資ノートをつけていたこともあり、詳細に振り返ることができました。

これは今年初めて本当に良かったことです。

数字の面ではくそですが、少しは成長していると思います。