今週の育毛投資振り返り(2019/5/13~5/17)

定例の週間振り返りです。先週はすっかり更新を忘れていました・・・
忘れてしまったばちでも当たったのか、ひどい1週間でした。

相場全体の雰囲気もいまいち安定しないなか、保有銘柄が決算ウィークでした。

システム情報の好調な決算から始まり出だし好調、MCJも順調、アル―ショック、カルタの好決算ショート踏み上げ・・・
決算順調なシステム情報とMCJも売られまくる展開で、やってられない展開でした。

1月に作った貯金も使い果たし、年初来マイナスに落ちてしまったので、後は這い上がるだけです。
と言っても、この1週間を取り戻そうとすると焦りが生じてしまうので、いつも以上に丁寧に売買の判断を下していきたいと思います。

ポートフォリオの状況

・投資成績
年初来:▲0.8%
前週末比:▲8.3%
前月末比:▲9.1%(つまり、令和になってからぼこぼこ)

・ポジション比率(カッコ内は前週末からの差)
CP:28.0%(省略)
買いポジ:49.4%(省略)
売りポジ:22.6%(省略)(対買いポジ45.8%)

・保有銘柄(L:買いポジ、S:売りポジ)
MCJ(L、400株@676)
システム情報(L、1000株@412)
アル―(L、1100株@1162)
テモナ(L、400株@463)
テクマト(S、200株@1827)
CTS(S、700株@677)
ユニマット(S、100株@1868)

先週までもっていたアートネイチャーとダダンダンは利確しています。
ダダンダンは、決算暴落後で死にかけましたが、優待発表でPTSが上がってくれて逃げることができました。

対年初資産の推移

 

 


1日の価格変化の平均・標準偏差の比較

  PF NK225 TOPIX マザーズ
平均 +0.00% +0.07% +0.05% +0.12%
標準偏差 1.66% 1.00% 0.94% 1.71%

所感

とりあえずひたすらお金が減った1週間でした。

アル―で食らったのは、ある意味やむを得ず後悔はありません。
少し長めに持っても良いかなーと思える銘柄で、決算で被弾するのは、ある意味仕方がありません。

決算の中身は決して悲観するような内容ではありませんでしたし、本当に仕方がない下落です。

一方、カルタの踏み上げのように、ショート銘柄の決算をまたいで食らってしまうのは反省です。
以前にも決算またぎで踏みあげられたことがあり、その時に決算またぎはしないと決めたはずなのですが、欲がでました。

今回こっぴどくやられたので、今後は重々気を付けます。。。