YEAR

2017年

  • 2017年12月26日

月間収支報告(2017年12月)&2017年の振り返り

定例の月間収支です。 引き渡しベースだと今日で2017年が終わりなことと、年末は帰省などなど忙しく、ブログを書く暇がなさそうなので、今日時点で12月の成績を〆ます。それに伴って、2017年の成績も本日をもって決定した、ということですね。 私の株式投資の4年目が終了し、今年も去年に引き続き資産を増やす […]

  • 2017年12月12日

決算分析 ビューティーガレージ 平成29年度第2四半期

本日、保有銘柄であるビューティーガレージの平成29年度第2四半期決算が発表されました。 何とも評価が難しい内容です。プラスマイナス両方向ありの決算でした。 決算前にかなり株価があがっていたので、目先は下方向でしょうね。 決算数値 当期数値 対前年 対上期予想 対通期予想 売上高(百万円) 5,377 […]

  • 2017年12月1日
  • 2017年12月1日

月間収支報告(2017年11月)

定例の月間収支です。 今月は、保有銘柄が絶好調の一カ月でした。主力としているシステム情報とビューティガレージが2桁以上の上昇になっただけではなく、新規に購入した元気寿司、アニコムホールディングスも好調と大幅に資産を増やすことができました。 ここまで、株価が上昇したのは偶然ではありますが、素直に嬉しい […]

  • 2017年11月26日
  • 2017年11月24日

決算分析 システム情報 平成27年度年次決算

保有銘柄であるシステム情報の年次決算が発表されました。年次決算なので、本当は今後の業績見通しなどアップデートするのですが、とりあえず今日はざっくり分析しておきます。 感触としては、今期の数字は良かったですね。第三四半期のときに一度上方修正しているので、特にサプライズは無いと思いましたが、それをさらに […]

  • 2017年11月25日
  • 2017年11月24日

【本の紹介 07】お金は歴史で儲けなさい

今回、紹介する本は、加谷珪一著「お金は歴史で儲けなさい」です。 お金は「歴史」で儲けなさい posted with ヨメレバ 加谷珪一 朝日新聞出版 2015-01-20 Amazon 楽天ブックス この本を読んだきっかけは、ツイッターでフォローさせていただいているせんどーさんのブログ記事 「近年の […]

  • 2017年11月24日

決算分析 システム情報 平成27年度第3四半期

こんにちは、先週金曜日に保有銘柄であるシステム情報の第3四半期決算が発表されました。 内容としては、通期情報修正&増配ですので、個人的には大満足です。 元々業績良好なことは想定していましたし、先日株主優待の導入も発表していましたから、順調に業績が推移しているだろうことは予測していまいたが、予想よりも […]

  • 2017年11月11日

決算分析 システム情報 平成28年度年次決算

昨日、保有銘柄であるシステム情報の年次決算が発表されました。 今年度の数字については文句なしの内容です。今年度は2回上方修正を発表していましたが、その修正後予想をさらに上回る数値です。 配当も発表済のものから増配があり、昨年度から比べると100株あたり8円の増配と申し分なし! 今期業績が良いのは、予 […]

  • 2017年11月9日
  • 2017年11月4日

【本の紹介 06】投資は「きれいごと」で成功する

今回は最近読んだ本の紹介ということで、『投資は「きれいごと」で成功する(新井和宏 著)』を紹介します。 投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール posted with ヨメレバ 新井 和宏 ダイヤモンド社 2015-04-17 Amazon […]

  • 2017年11月8日
  • 2017年11月11日

決算分析 アニコムホールディングス 平成29年度第2四半期

昨日、監視銘柄であるアニコムホールディングスの決算発表がありました。 決算内容を受けて株価が急落しているので、久しぶりに参入することにしました。 一言で言うと、「増収減益決算」です。 何か最近、「増収減益」銘柄ばっかり触っている気がする・・・ とは言え、今期は先行投資期間ということで、減益となること […]

  • 2017年11月8日
  • 2017年11月4日

【本の紹介 05】功名が辻

今回、紹介する本は、司馬遼太郎著「功名が辻」です。 功名が辻〈1〉 (文春文庫) posted with ヨメレバ 司馬 遼太郎 文藝春秋 2005-02-10 Amazon 楽天ブックス 恥ずかしながら、私はいい歳しておきながら、あまり日本の歴史に詳しくなく、歴史小説もあまり読んだことがありません […]