中小企業診断士取得に向けて 01

前々から興味があった資格の1つである中小企業診断士ですが、来年度の試験を受けてみようと思います。
1年に1回しかない試験ですので、できれば1発で合格したいところですが、難易度が高い資格と言われていることもあり、1発合格はなかなか難しいかもしれません。

とはいえ目指すのは自由なので、目標は1発合格でいきます!

とりあえず手始めに、敵を知るということで、昨年度(平成29年度)の一次試験過去問をやってみることにします。

完全な無勉強の状態で過去問をやる意味があるのか…?と言われそうですが、敵を知らないと戦略の立てようが無いので取り組んでみましょう。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




結果

経済学経済政策 15/25
企業経営理論 24/41
経営情報 12/25
運営管理 14/45
中小企業経営・中小企業政策 11/45
財務会計 17/25
経営法務 12/25

合格は平均6割(ただい4割以下の科目があればダメ)なので、現時点では当たり前ですが、余裕で不合格。

残念なことにせっかく簿記2級をもっているのに、財務会計の工業簿記を全く覚えておらず全然できなかったこと・・・

逆に少し安心したのは、二次試験と関連性が高い「企業経営理論」「財務会計」はまあまあできていること。

しっかり勉強すれば少なくとも一次試験は1発合格を狙える距離にあることがわかりました。

今後の勉強方針

二次試験まで1発でとろうとすると、一次試験の勉強と二次試験の勉強をある程度並行でやる必要があります。
なので、一般的には、企業経営理論や財務会計を最初に取り組むのがセオリーのようですが、そこそこ戦える科目なので、後回しにする予定。

二次試験との関連が深く、かつ、全くできていない運営管理を最初に取り組むことにします。

さらに暗記系の科目は、試験直前に一気に追い込みたいのでそれら(経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策)も後回し。

ということで、以下のような順番で勉強する予定。

1.運営管理
2.経済学・経済政策
3.財務会計
4.企業経営理論
5.経営法務
6.経営情報システム
7.中小企業経営・中小企業政策

一応順番は決めますが、全体像を把握するためにも早めにテキストを1周回してから再度勉強計画を練る予定です。
9月中旬に評判の良いTACのスピードテキストの来年度試験対応版が発売されるようなので、そこから気合を入れて勉強していきまう。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




アドセンス(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする