決算分析 MCJ 平成29年度本決算

本日、保有銘柄であるMCJの決算発表がありました。

先週、上方修正&増配&分割のトリプルコンボが発表されており、株価が大きく上昇している中での発表でしたので、今期予想数値に注目が集まっていたかと思いますが、しっかりとした予想数値が発表されており、昼に決算発表がありましたが、株価はしっかりした動きでした。

では、数値を見ていきます。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




決算数値

当期数値 対前年 H30予想 対H29
売上高(百万円) 124,554 +14.5% 131,100 +5.3%
営業利益(百万円) 8,504 +13.9% 9,000 +5.8%
経常利益(百万円) 8,743 +16.5% 8,900 +1.8%
税引後純利益(百万円) 5,811 +15.5% 5,950 +2.4%

今年度の数値は特に言うことがありません。CFの状況も良好です。

H30年度の数値については、H29年度比で見ると成長が鈍化しているように見えますが、決算短信にもある通り、H29年度は不動産売却による特別利益があったことが要因であり、不動産売却の影響を除外すると、売上高はH29年度対比で+7.2%、営業利益は+12.7%です。

営業利益がしっかりと2桁成長が見込まれています。配当性向30%のため、配当も増配予想になります。

PC業界は業界全体としては厳しい業界ではありますが、しっかりと成長を続けている様子が見えるため良い決算だと思います。

所感

H29年度はテレビで乃木坂46のCMがたくさん流れており、知名度が上がった反面、年度前半は広告費の増加もあり、増収減益決算で苦労しましたが、広告費の投下がうまくいったようで、最終的に素晴らしい数値に落ち着いてくれました。

PC事業そのものは短信にもあるとおり、市場は成長しているとは言えず、横ばいが続いている状況下でこの成長は立派だと思います。

特に個人向けPC市場は価格競争がし烈で、厳しい状況ではありますが、当社はゲーミングPCやディープラーニング用PCなど高付加価値のハイエンド端末に力を入れている点が、成長の要因ではないかと思います。

最近はeスポーツが注目されてきていますし、当社には追い風が吹いてきているのかな、と思います。

短信上ではこの程度の内容しかわかりませんので、決算説明資料のアップデートを待ちたいと思います。
もちろんホールド継続です。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




アドセンス(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする