月間収支報告(2018年2月)

定例の月間収支です。

だいぶ更新が遅れてしまったのですが、なぜかここ数日PCがネットに繋がらず、更新ができていませんでした。
遅い更新になるので2月分はスキップしようかと思ったのですが、2月は難しい相場だったので、記録を残しておきたいと思い更新することにしました。

1月は日経平均も好調そのもので、個人投資家のみなさんもかなり好パフォーマンスが目立っていたわけですが、2月に入りアメリカの利上げが加速しそうな雰囲気が出たあたりから、相場は一変しました。

1月末の日経平均は、23,098円でしたが、大きく下落した2/6には21,610円まで下がりました。
その後は戻したり下げたりを繰り返し、22,000円程度で2月は終了しました。
(3月は再び厳しい状況になっていますね)

自分の取引履歴を並べてみると
2/2:エイジア 1,550×200株 購入⇒決算発表で下落したところを購入
2/5:システム情報 1,174×100株 購入⇒少し下がったところで購入。当初買い増し予定価格より上で購入
2/6:エイジア 1,460×200株 売却⇒暴落の雰囲気があったので、寄りで売却
2/6:ARM 950×100株 購入⇒目安株価より下に落ちてきたので追加
2/6:ウィザス 403×100株 購入⇒目安株価より下に落ちてきたので追加
2/9:ウィルグループ 1,532×100株購入⇒決算後の下落で買い
2/14:システム情報 982×100株購入⇒目安株価より下に落ちてきたので追加
2/27:ウィザス 448×100株購入⇒出来高を伴った上昇を見て追加

この中で注意しなければいけないのは、エイジアとウィルグループの取引ですね。どちらも、決算後の下落で購入しており、この行為自体は特に問題ないのですが、保有銘柄ほど十分に分析できている銘柄ではありません。
結果として、エイジアは2/6に売却することになっていますし、ウィルグループも心が折れかけています。

昔ほど衝動買いをしなくはなりましたが、まだまだ自分をコントロールできていません。監視に入れる銘柄は出来るだけ早く、多少ざっくりでも良いので、目安株価を決めたうえで監視していかないと危ないと感じました。

一方、エイジアについては相場の雰囲気が怪しいときに、自身が無い銘柄だということをしっかりと認めて素早く売却できたことは良かったと思います。

間違いを素直に認めることも大切なことです。

では、数値面をまとめていきます。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




投資成績

前月比+3.4%(Topixは、▲3.7%)
年初来+10.3%(Topixは、▲3.2%)
設定来+190.8%(Topixは、+47.8%)

資産状況

個別銘柄トピック

・ビューティガレージ
2月は相当頑張ってくれました、2月は20%ほど上がってくれました。3月には決算発表もありますが、それまでにあまり上がりすぎると反動安が怖いところですね。
2月に上がった理由はよくわかりません。円高恩恵銘柄なので、円高が進んだところが好感されたのでしょうか・・・
何はともあれ、決算発表に集中ですね。

・システム情報
今月は四半期決算発表がありました。(分析記事はこちら
サプライズがあるような内容ではありませんでしたが、順調さが確認できる決算だったので、個人的には満足の決算でした。株価は残念ながらかダラダラと下がる展開で苦しいです。主力で持っている銘柄なので、この銘柄の下げはパフォーマンスに影響が大きいです。

・MCJ
こちらも四半期決算発表がありました。(分析記事はこちら
内容としても納得の決算で、株価もそれに反応しています。相場と逆に動くことが多い銘柄なのですが、2月の厳しい相場でもかなり活躍してくれました。

・ARM
こちらも決算発表でしたね。(分析記事はこちら
良い決算で、株価も順調という良い循環です。通期予想を上振れて着地することも十分期待できる状態なので、安心して持っていられます。
暴落のタイミングで買い増しができたのも良かったです。

・ウィザス
こちらも決算が・・・(こちら
こちらは何とも言えない内容でしたね。良くもなく悪くもなくという感じです。
ということでコメントも適当

スポンサーリンク
アドセンス(大)




アドセンス(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする