決算分析 システム情報 平成27年度第3四半期

こんにちは、先週金曜日に保有銘柄であるシステム情報の第3四半期決算が発表されました。
内容としては、通期情報修正&増配ですので、個人的には大満足です。

元々業績良好なことは想定していましたし、先日株主優待の導入も発表していましたから、順調に業績が推移しているだろうことは予測していまいたが、予想よりもよかったです。
これで今年度は2回目の上方修正ということになります。

具体的な数値は以下のとおりです。

まず修正内容ですが、従来予測に対して、
売上高:4.0%、営業利益:7.5%、経常利益:7.5%、当期純利益:13.8%
の増加です。
元々、今年度は前期比で営業利益が18.8%増益見込みだったところが、27.8%増益見込みに変わったということになるので、大幅な増益です。
配当についても、前期の15円から20円に増配ですからこちらも大幅増配です。
ちなみに四季報予想では、2017年度の純利益予想が390百万円ですが、今回の上方修正により、2016年度の純利益予想が380百万円になりましたので、約1年分前倒しに四季報予想を達成したことになりますね。

一方で気になる点は、業界全体の問題でもある人材不足の問題です。特に当社は高度な技術を持っていることが競争力の源泉となっていることから、人材確保の問題は大きいとも考えられます。

決算短信にも、「人材不足解消に向けたパートナー企業との連携強化」という文言がありますので、特に大きく心配はしていませんが、今後の成長のボトルネックにならないよう引き続き注力して欲しい点です。

この銘柄は日々の出来高がとても少ないため、今回の決算を受けて株価が乱高下しそうでちょっと怖いですが、基本的には今後に向けてとても楽しみな決算となりました。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




アドセンス(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス(大)