決算分析 システム情報 平成28年度年次決算

昨日、保有銘柄であるシステム情報の年次決算が発表されました。

今年度の数字については文句なしの内容です。今年度は2回上方修正を発表していましたが、その修正後予想をさらに上回る数値です。

配当も発表済のものから増配があり、昨年度から比べると100株あたり8円の増配と申し分なし!

今期業績が良いのは、予想どおりでしたが、(増配は予想外だったけど)、来期予想も保守的なこの会社のことを考えると、良い数値だと思います。

安心してホールドできます!

スポンサーリンク
アドセンス(大)




決算数値

当期数値 対前年 対通期予想 来期予想 対当年
売上高(百万円) 8,147 24.3% 101.8% 9,000 10.5%
営業利益(百万円) 772 31.2% 102.9% 855 10.7%
経常利益(百万円) 780 31.9% 104.0% 855 9.5%
税引後純利益(百万円) 550 32.1% 105.8% 600 9.0%

来期予想が+9.0%というのは、この銘柄のを長期保有しているホルダーであれば、思ったより良い!、となりそうですが、あまり長いこと見ていない人にとっては、微妙かもしれないですね。

ちなみに、昨年度は、最初の予想は、純利益が前年比で+1.1%の予想でした。結果は、+32.1%。

保守的な予想を出す会社なので、長期ホルダーにとっては、+9%の予想もかなり胸が躍る数字なのです。

決算説明会資料について

発表されたら、更新します。

所感

当期の数字は、予想どおり、良いものでした。来期予想も私の想定よりは、高かったです。
正直、横ばいか微増くらいの予想を出してくると思っていました。

ここ数年は、保守的予想⇒上方修正の流れが、定着しているため期待を抱かずにはいられません。
が、あまりこの流れが定着しすぎると、流れが途切れた時の株価の反応が怖いですが・・・

決算短信の中ではもう一つ、営業CFの大幅な改善がプラス材料と思います。
昨年の9月末は、5,691千円しかありませんでしたが、今年度末では755,058千円に大幅に改善しています。

昨年度は売上債権の増加が非常に大きく、営業CFがかなり小さくなっていました。

CFを重視する投資家にとっては、この点は敬遠するポイントだったので、ここが改善されたことは大きいと感じます。

ここ最近は、ワトソン関連として株価が上がってしまっているので、短期的には株価は下がりそうな気もします。

しかし、数値を見ても、短信の中身を見ても、短期的な株価の下落に気を落とす必要が無い、ということがわかった決算なので、個人的には大満足です。

後は、株主優待の旅行券が当たれば・・・

スポンサーリンク
アドセンス(大)




アドセンス(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする