【本の紹介】長期投資のワナ、ほったらかし投資では儲かりっこない

今回、ご紹介するのは長期投資で有名なセゾン投信の社長である中野さんが書かれた「長期投資のワナ、ほったらかし投資では儲かりっこない」です。

なかなか刺激的なタイトルですよね。
私自身も長期投資家を自称してますので、ドキッとするタイトルです。

ただし、著者は別に長期投資を否定してるわけではありません(セゾン投信の代表者なんだから否定するわけはない)。
長期投資を正しく理解しないで行う「エセ長期投資」では儲からないですよ!
と言っています。

著者が儲からないと言っているのは、単なるバイアンドホールド型の長期投資のことです。
長期投資であっても、株価は短期的に急騰することもあるのだから、そういう時は売却が必要だと、言っています。
また、含み損が出ているときも、当初想定していた企業価値が棄損しているときは、塩漬けせずに売却すべきだとも言っています。

私は、長期投資の「長期」とは、株式の保有期間を長期にするという意味ではなく、資産運用全体としての方針を長期で考えることが大切という意味で捉えています。

著者も、個別銘柄はしっかりと売買するべきと主張する一方、資産運用自体は死ぬまで、と言っており、私の考え方に近いかなーと思いました。

また、この本はタイトルとは関係のない内容がとても豊富です。「インデックス投資偏重主義への警鐘」「投資信託の仕組みや歴史」に関する内容は読み物として、楽しく読ませてもらいました。
資産運用初心者にかかわらず一読の価値があります。

特に、投資信託が長らく大手証券会社の系列会社により、開発されてきたことに関する説明はあまり目にすることが無い内容だったのでおすすめです。

スポンサーリンク
アドセンス(大)




アドセンス(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アドセンス(大)